アンスリウムの集団ストーカー被害

都内で孤独な50代男性の被害報告

被害まとめ 最大0.16μSv 2023年4月2日(日)

この見えない殺人行為に気が付いてください。一人でも多くの被害者が救われますように。神に祈ります。

下階202号室の創価学会員、山崎宅から電磁波(X線放射線)の照射画像(通常は常時0.05μSv以下)

f:id:anthriumu888:20230402050751j:image

15〜30分置きに0.13μSvの照射が繰り返されます。

f:id:anthriumu888:20230402071331j:image

アンカリングの中、買い出し。

f:id:anthriumu888:20230402170239j:image

f:id:anthriumu888:20230402173910j:image

f:id:anthriumu888:20230402210118j:image

上階403号室の在日朝鮮人、倉俣宅から生活騒音の嫌がらせ(下からの放射線は多分上まで届いてます)

午前7時42分 換気扇のガタンという停止音

午後1時26分 同上

午後7時48分 同上(大きめ)

 

日本は誰も動きませんが、この放射線犯罪は創価学会が世界中で行っている可能性があります。アメリカのハバナ症候群と同じ様相です。

創価学会が進出している国はその国が関与している場合も考えられます。創価学会をカルト指定した国及び大使館関係者の方々は注意してください。

 

ここに証拠として記します。

必ず因果応報があります。悪しき者には天罰が下ります。